クレジットカードのランクの種類
クレジットカードナビでは、インターネットから簡単に申し込みができるクレジットカードをご紹介しています。
クレジットカードのランクの種類
こちらでは、クレジットカードのランクの種類について、ご紹介していきます。
一般的によく知られているのは、普通のカード(一般クレジットカード)とゴールドカードだと思います。実は、クレジットカードは、大きく分けると、5種類に分けることが出来ます。一般クレジットカード、ゴールドカード、ヤングゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードです。このランクにより、年会費、利用限度額、付帯保険、付帯サービスが結構変わっていきます。下記で5種類の詳細を説明しますが、下に行くほど、ランクが高くなっていきます。


■ 一般クレジットカード(レギュラーカード)
一般クレジットカードとは、一般的に最も多くの方が使われている普及型のクレジットカードです。この一般カードの中でも年会費で、3種類に分けることが出来ます。

・ 年会費が永久無料のクレジットカード
・ 初年度だけ年会費が無料のクレジットカード
・ 年会費が毎年かかるクレジットカード

一般的に、審査はさほど厳しくなくある程度の期間、定職について、安定収入がある方であれば、負債や過去に信用トラブルが無ければ、審査には、通りやすいです。

一般クレジットカード(レギュラーカード)



■ ゴールドカード
ゴールドカードは、レギュラーカードと比べて、年会費が高いですが、利用限度額が高く、付帯保険、その他のサービスが充実しています。カードの色も金色なのですぐに分かります。持っているだけでひとつのステータスになります。
ひとつの特徴として、ゴールドカード会員専用の空港ラウンジが無料で利用出来るなどのプレミアサービスもあるので、飛行機で旅行される場合にとても便利です。

ただし、やはりこれだけのサービスなので、年会費が高いだけではなく、審査の条件がレギュラーカードに比べると高めになっています。一般的に年齢制限は、30歳以上が多いです。

例えば、年齢 30歳以上、勤続(自営)5年以上、年収500万円以上などです。

ゴールドカード比較

ゴールドカード



■ ヤングゴールドカード
ヤングゴールドカードは、上記のゴールドカードが年齢30歳以上という条件ですが、20歳〜29歳の方の為のゴールドカードとして用意されています。年会費もゴールドに比べると低めに設定されていて、使いやすいカードです。ただ、利用限度額や付帯保険などが少し低めになっています。

ヤングゴールドカード比較

ヤングゴールドカード



■ プラチナカード
プラチナカードは、ゴールドカードよりもさらに上のサービスや特典を受けることが出来るステータスの高いクレジットカードです。以前に比べてゴールドカードの審査が簡単になったこともあり、ゴールドカードよりもさらに上のカードとして、プラチナカードが誕生しました。

プラチナカードは、基本的にカード会社からのお誘いがなければ入会出来ませんし、年会費もかなり高く、審査基準もゴールドよりさらに厳しくなります。

《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

プラチナカード



■ ブラックカード
ブラックカードは、その名の通り、真っ黒なクレジットカードで、アメリカンエキスプレス社が発行している超富裕層向けの幻の最上級のクレジットカードです。
ブラックカードの最大の特徴は、利用限度額が無制限で、高級車や不動産までカード1枚で買えるというまさに夢のカードです。また、ジェット機のチャーターも電話1本で出来るそうです。

年会費は、16万円とまさに破格で、入会もカード会社から選ばれたVIPの方だけが入会できるそうです。

正式名称は、センチュリオンカードといいます。