クレジットカードとは
クレジットカードナビでは、インターネットから簡単に申し込みができるクレジットカードをご紹介しています。
クレジットカードとは
クレジットカード(Credit Card) とは、消費者の信用に基づいて発行されるカードのことです。クレジット(Credit)とは、英語で信用という意味を持ちます。ここでいう信用とは、買い物やサービスの代金を支払う能力があるかどうかということであり、クレジットカード発行会社は、カード発行の際に、その信用度を審査します。

クレジットカードを持つことによってさまざまなメリットがあります。クレジットカードでの支払い、身分証明としての役割、さまざまな特典やサービス、自動で付いてくる付帯保険、キャッシング、カードローンなどを利用することが出来ます。(詳しくはクレジットカードの機能と役割

その中でも最も基本的な機能は、クレジットカード決済、つまり現金を持ちあることなく、クレジットカードで代金を支払えるということです。カード毎に定められた条件内(利用限度額など)で、後払いで商品やサービスを購入する事ができます。その利用代金は、決められた支払日に、指定の銀行口座から引き落とされる事になります。

この機能は、大金を現金で持ち歩かなくても、自由に買い物が出来るので、まず安全面で大きなメリットがあります。また、買い物をすべてカードで済ませれば、毎月送られてくる利用明細書によって、先月どれ位買い物をしたかが一目瞭然になるので、自分の経済活動を管理することも出来ます。

現在、クレジットカードは、さまざまな種類タイプランクがあり、各カード会社が、さまざまなニーズに応えるために、非常に多くの種類のカードを発行していますが、ここ数年人気が高いカードは、やはり年会費無料のクレジットカードです。ほぼすべてのカード会社が発行しており、持っているだけでは一切お金が掛からないのが魅力です。また海外旅行の付帯保険やさまざまな特典がついて来るものもあります。

他に、入会するだけでギフトカードなどが貰える入会キャンペーンを行っているカード会社も結構あります。

■ クレジットカード利用での注意点

クレジットカードを使う上で、利用者が最も注意しなければならないことは、支払日に必ず指定口座に利用代金以上のお金を入れておくことです。これが最大の義務です。支払い日に口座にお金が無かったり、口座残高が利用代金に満たない事が、度々続くと信用を失い、クレジットカードを使えなくなることもあります。

また、クレジットカードは、手元に現金が無くても支払ができる、急な入り用でお金が借りることが出来て大変便利ですが、その便利さゆえに、ついつい使いすぎてしまうことがあるので、注意が必要です。あくまでも計画的に、支払いに無理のない範囲で利用することをお勧めします。