クレジットカードの機能と役割
クレジットカードナビでは、インターネットから簡単に申し込みができるクレジットカードをご紹介しています。
クレジットカードの機能と役割
こちらでは、クレジットカードの機能と役割についてご紹介していきます。
クレジットカードを持つことによってどんなメリットがあるのか、どんな事ができるのかを説明していきます。

■ クレジットカード決済
クレジットカードの最も基本的な機能です。簡単にいうと、買い物やサービスの代金をカードで支払うことです。クレジットカード加盟店であれば、手元に現金が無くても、利用限度額内であれば、カード払いにて商品を購入することができます。支払方法には、一括払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボルビング払い、などの方法があります。


■ 身分証明
クレジットカードは、カード所有者の信用を表しています。クレジットカードを取得する為には、カード会社による一定の審査を受ける必要がありますので、クレジットカードを持っている事で、社会で仕事をしていて一定の収入があり、経済活動が出来ることを証明されます。特に海外では、クレジットカードによる身分証明が重要視されます。


■ 特典やサービス
多くのクレジットカードには、キャッシュバックや割引、ポイントプログラムなどが用意されており、利用額に応じて貯まったポイントを希望の商品に交換したり、キャッシュバックを受けることが出来ます。また、レストランや宿泊施設、エンターテインメントなどの施設で、優待・割引、カーライフサポート・ロードサービスなど様々なサービスを受ける事も出来ます。これらのカード会員限定のサービスを受けるためには、クレジットカードを提示する必要がある場合があります。


■ 保険
クレジットカードには、さまざまな保険が入会とともに付いてきます。国内・海外旅行傷害保険やキャッシュカード盗難保険、動産総合保険、オンラインショッピングセイバーなど多くの種類があり、上手に使うと、普段の生活から、旅行、出張まで、カード会員を幅広くカバーして助けてくれます。


■ キャッシング
クレジットカードには、通常キャッシング枠が設けてあり、クレジットカード指定のATMで、利用限度額内の現金を借りることができます。


■ カードローン
キャッシングとは別に、カードローンの枠が設けられているクレジットカードもあります。お金を借りられる点ではキャッシングと同じですが、通常、借入金の返済方法が分割、リボ払いとなっています。カードローンの金利は、キャッシングの金利より低めに設定されているのが特徴です。最近では、キャッシングとカードローンの明確な区別がなくなってきています。