クレジットカードの審査基準
クレジットカードナビでは、インターネットから簡単に申し込みができるクレジットカードをご紹介しています。
クレジットカードの審査基準
こちらでは、クレジットカードの審査基準についてご紹介していきます。
クレジットカードを作るには、必ずクレジットカード会社の入会審査に通る必要があります。この審査は、あなたが信用できるかどうかを問うものであり、カード会社も細心の注意を払っています。

この審査はどのように行われているかというと、各クレジットカード会社ごとに基準を設けていますが、共通の柱となる基準として「3C」と呼ばれるものがあります。

Capacity(資力) 資力とは、返済能力を意味し、審査の中で最も重要視される項目です。一定の収入が継続的にあって返済をし続けられる、返済能力があるかということです。
Character(性格) 性格とは、定められた期限にお金をきちんと返済する意志のある人間性なのかどうかということです。
Capital(資産) 資産とは、担保を意味し、家や車、株券など、万が一収入が途絶えたときでも支払いができる担保があるかどうかということです。

これらの上記の基準に、申込者から送られてくる情報を照らし合わし、また個人信用情報機関からの利用者データにより、個人の信用を評価していきます。


■ スコアリングってなに?

スコアリングとは、カードの申込者から送られてくるさまざまな個人情報(属性)と、個人信用情報機関への照会で得た他社での借入額や支払い状況の情報をもとに、申込者の信用を点数(スコア)で表すシステムです。個人情報とは、年収や年齢、過去のカード履歴、借家か持ち家かなどの情報です。

各カード会社は、それぞれ独自に規定の点数を決めて、その点数を越えた申込者だけが審査に通り、クレジットカードが発行されます。


■ 属性情報
私たちは、クレジットカードの申し込みの時に、さまざまな個人情報をクレジットカード会社に審査を受けるために申し出なければなりません。それらの個人情報を属性情報といいます。以下で個々の情報について説明します。

年齢 ほぼすべてのクレジットカードは、高校生を除く満18歳以上となっています。年齢の上限は各社によって異なり、一般的に70歳位までとなっています。
職業・勤務先 さまざまな職業がありますが、職業によって、評価も違ってきます。一般的に公務員は、比較的評価が高いとされています。
雇用形態 会長、社長、会社役員、会社員、派遣社員、アルバイト、パートなどさまざまです。
勤続年数 基本的に最低勤続年数を1年以上としているクレジットカード会社が多いですが、同じ会社に長く勤めるほど評価が高くなります。
年収 多くのクレジットカードでは、年収200万円以上というのが、基準になっているようです。年収が高い方が入会審査には有利ですが、申し込み時の情報は自己申告になるので、本当かどうか分かりませんし、カード会社も正確に把握するのは難しいので、基準としては設定していますが、あまり重要視していないようです。
居住形態 居住形態には、持ち家(自分名義)、持ち家(家族名義)、賃貸アパート、マンションなどがあります。自分名義の持ち家が、一番評価が高いようです。
居住年数 居住年数は一年以上という基準で、同じ所により長く住んでいると、評価が高くなります。ただし、上記の居住形態の方が、重要視されているようです。
家族構成 既婚・独身、親と同居、子供の有無などです。
一般的な家族構成による評価の順序は以下になります。
1.独身・親と同居
2.既婚・子供なし
3.既婚・子供あり
4.独身・一人暮らし

これらの属性情報をもとに、各カード会社は審査するので、申し出る情報に誤りがあると、その段階で審査に通らない事が多いので、情報入力の際には、慎重に行ってください。