クレジットカードの仕組み
クレジットカードナビでは、インターネットから簡単に申し込みができるクレジットカードをご紹介しています。
クレジットカードの仕組み
こちらでは、クレジットカードの仕組みについてご紹介していきます。
クレジットカード所有者がお店(加盟店)で商品やサービスの代金をカードで支払った場合、その売上の3〜5%を手数料として、クレジットカード会社に支払います。クレジットカード会社は、基本的にその手数料で運営されています。最近は、ほぼすべてのカードにキャッシング機能がついており、そのキャッシングによる収益も、全収益の重要なウェートを占め始めています。

クレジットカードでひとつの買い物に対する決済(代金の支払い)の流れは、以下の図のようになっています。
    クレジットカード決済の仕組み

カード利用者が、お店(加盟店)で、商品やサービスの代金をクレジットカードで支払います。
お店は、商品、サービスをカード利用者に提供します。
クレジットカードの発行会社は、商品の代金を立て替えて、お店(加盟店)へ支払います。
お店(加盟店)は、決済手数料として、売上代金の3〜5%程度をクレジットカード発行会社へと支払います。
クレジットカード会社が立て替えた商品やサービスの代金を、カード会社がカード利用者へ請求します。
カード利用料金が、あらかじめ決められた支払日に、銀行口座から自動引き落としなどで、利用者からクレジットカード会社へと支払われます。

このようにして、カード利用者は、手元に現金がなくても商品やサービスを買うことができ、大金を持ち歩く必要がなくなるので、セキュリティー面も向上します。また、お店(加盟店)は、カード会社に手数料を支払う必要がありますが、現金の持ち合わせが無いお客さんへの販売チャンスを逃さないメリットもあります。